John McDonald

John McDonald

遠隔地の中途面接に株式会社meet inのサービスがおすすめ!導入している企業の口コミを調べました

株式会社meet inのWeb会議・商談システム「meet in(ミートイン)」をご存知ですか?

ミートインとは、ログインやアプリのダウンロード無しで簡単にオンラインミーティングを行う事が出来るサービスです。
現在、このサービスが採用活動で多くの企業に導入されており、特に遠隔地の中途面接にぴったりだと注目を集めています。

そこで今回は、ミートインがなぜ遠隔地の中途面接におすすめなのか?
その理由について詳しく見ていきたいと思います。

遠隔の中途面接にミートインがおすすめな理由

簡単にオンラインミーティングを行う事ができるミートイン。
ここでは、数あるミートインの特徴の中から下記の2点について紹介します。

電話と違って顔を見ながら面接が出来る

コストや効率を考えて採用活動で電話面接を取り入れている企業もありますが、求職者と対面して面接を行う企業もまだまだ多いのが現状です。

その理由として、対面型の面接では
・直接顔を見て話をすることができ、履歴書だけでは分からない求職者の雰囲気や人柄を感じ取りやすい
・状況に応じた受け答えができるかどうかの確認ができる
など電話面接時に比べ、求職者が企業の求めている人物像に近いかどうか判断しやすくなります。

しかし、中途採用での就職活動を行っている方の中には、遠隔地で仕事を続けながら活動している方も多数いらっしゃいます。
そのような場合、1回の面接を行うだけでも、仕事を休み、交通費をかけて面接会場に足を運ぶ必要があるなど求職者にとっては大きな負担になります。
また、企業にとってもスケジュール調整の手間、交通費・会場費といったコストの負担が中途採用を行う上で課題となっている場合も多いでしょう。

このような課題がたくさんある遠隔地の中途面接でミートインを導入するとどうなるでしょうか?

ミートインでは、採用担当者がURLを作成し、そのURLを双方がクリックすることで簡単にどこからでもオンライン面接を行う事が出来ます。
そのため、わざわざ面接会場に出向く必要がなくなり、交通費や面接会場にかかるコストを無くすことが可能となります。
また、求職者の仕事の合間に面接を行えますので、スケジュール調整等の手間を削減することができ、採用効率を大幅に向上させることができます

動画の録画ができるから、後から見直すことができる

実際に採用活動を行っていると、同日に複数人の求職者の面接を行う事があります。
この場合、隅々まで1人1人の面接状況を細かく思い出すことは難しいでしょう。
また、遠隔地の中途採用であれば、何度も面接を行うことはコストや手間をかけることに繋がってしまうことから、出来る限り最小限の面接で採用活動を行いたい企業も多いと思います。

もしミートインを導入すると、簡単にオンライン面接を行う事が出来るだけではなく、面接を録画することも可能となります。
そのため、改めて面接を見直すことで次回の面接の方向性等をより明確にすることができます。
また、面接に立ち会えなかった他の採用担当者や採用予定である部署の社員にも面接を見てもらうことが出来るため、現場の声をより汲み取りやすくなるのではないでしょうか?

実際に中途面接に使っている企業の口コミ

このように中途面接におすすめの機能が備わっているミートインですが、実際に導入している企業の口コミはどうでしょうか?
ここでは、中途採用でミートインを導入している企業の感想について紹介します。

A社は、東京都で事業を展開する食品商社です。
最近事業を拡大したことから、営業部で採用後すぐに戦力となる人員を増やしたいと思い、中途採用に注力しています。

ありがたいことに応募は比較的たくさん来ているA社ですが、遠隔地からの応募が半数以上を占めています。
そのため、応募が増えれば増えるほどスケジュール調整等の手間や交通費といったコストがかかってきてしまい、採用活動に関する負担が大きくなってきていました。

手間とコストを削減するために電話面接も考えたのですが、お客様と直接顔を合わせて仕事を行う営業職の募集であることから、対面型の面接でどうにかして採用効率を上げ、コストを減らす方法はないだろうかと模索していました。
そんな時に、ミートインによるオンライン面接という方法を見つけ、試しにと思って導入したそうです。

40代や50代の採用担当者が多いA社。
オンライン面接になじみがなく、本当に簡単に行えるのだろうかと不安に思っていましたが、実際に導入してみると誰でも簡単にURLの作成を行うことができ、取り扱いについては今のところ困ったことはないそうです。

また、以前に比べて求職者との予定も調整しやすくなり、1日に行う面接の回数も増えてきました。
遠隔地からの応募者についても、以前に比べて何度も面接を行いやすくなったので、よりじっくりと1人1人の採用活動に時間を掛けることが出来るようになりました。
交通費や会場費といったコストもかからなくなった点も採用活動を行う上で非常に助かっているそうです。

さらに、面接時の録画も可能なので、採用担当者以外の社員からの意見も聞くことができ、現場の声を活かした採用活動を行うことができるようになった点も大きな変化だそうです。
また、自社の採用活動に興味を持つようになった社員も増えてきており、コストを削減しつつ採用効率を向上させたミートインによるオンライン面接で今後も採用活動を続けていくそうです。

まとめ

いつでもどこからでも簡単にオンライン面接を行う事ができ、録画機能など採用活動の際にあれば便利な機能が多数備わっているミートイン。
手間やコストといった遠隔地の中途採用に関する悩みを持っている企業の皆さん、是非一度ミートインの導入を検討してみてはいかがでしょうか?

投稿日:

Copyright© John McDonald , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.